【北斗 天昇など】パチスロの機械割ごとの時給は何円?

朝一でリゼロで設定6(機械割113.3%)ツモった!
閉店までの10時間を休憩無しでぶん回すぞ〜!

というラッキーな場面に遭遇した時、日当や時給がいくらになるか気になりませんか?

Re:ゼロから始める異世界生活の設定6(機械割113.3%)
の日当(10時間計算)は・・・

59650円(時給5965円)です!
(※1時間あたり750回転ベースで回した場合)

まっつん
キャバ嬢の平均時給(2500円~4000円)より高い!

この記事ではパチスロにおける機械割ごとの時給とその計算方法、少しでも効率的に回す方法を徹底解説します!

パチスロの機械割毎の時給

まずはパチスロの機械割毎の時給(等価交換でメダル1枚20円)をお知らせします。

600回転/1h 700回転/1h 840回転/1h
機械割95% -1800円 -2250円 -2520円
機械割98% -720円 -900円 -1008円
機械割101% +360円 +450円 +504円
機械割103% +1080円 +1350円 +1512円
機械割105% +1800円 +2250円 +2520円
機械割107% +2520円 +3150円 +3528円
機械割110% +3600円 +4500円 +5040円
機械割112% +4320円 +5400円 +6048円
機械割115% +5400円 +6750円 +7560円
機械割117% +6120円 +7650円 +8568円
機械割119% +6840円 +8550円 +9576円

上記一覧は等価交換における機械割毎の時給です。
非等価の場合、これよりも時給は下がります。

当然ながら高設定の場合、仕事量(1時間に回す回転数)が多ければ多いほど、時給は上がります。

高設定をツモったら休憩など取ってる時間はありません。

1回転でも多く回す努力が必要です。

また、上記一覧は「小役を一度も取りこぼさない」というのが条件です。

機械割毎の時給の計算式

機械割毎の時給の計算式は

(メダル3枚の値段×1時間に回せる回転数×機械割(110%の場合1.1))-(メダル3枚の値段×1時間に回せる回転数)

となっています。

(例)
等価交換(1枚20円)で機械割110%の台の1時間に750回転回す場合、上記公式に当てはめると

(60×750×1.1)-(60円×750)

=49500-45000

=4500円

となります。

そもそも機械割って何だ?


ここまで、当たり前のように「機械割」という表現を使いましたが、この言葉って日常会話では使わないパチスロの専門用語ですよね?

パチスロの時給についてより深く理解を深めるために、機械割の説明をさせていただきます。

そもそも機械割とは別名、ペイアウト率のことを意味し、入れたメダルの枚数に対して、どれだけメダルが払い戻せるかという意味です。

機械割100%の場合、理論上は入れた枚数と出た枚数はプラスマイナスゼロになります。

機械割の計算式

機械割の計算式は非常にシンプルで
OUT枚数(払い出したメダル)÷IN枚数(入れた分メダル)×100
となっています。

機械割は機種によって設定されます。
さらに機種には設定1から設定6までの6段階(4段階などもある)あり、お店が好きなように変更できます

機械割に関するよくある勘違い


現行の機種の最低設定である設定1の機械割は98%付近になっています。

10万円を機械割98%の台にぶっこんだ場合、98000円ほどの戻ってくるので2000円くらいしか負けないと思う方がいますが、それは間違いです。

実際に機械割98%の台を等価交換(1枚20円)1日中、約8000回転回したとして、どれくらい負けるかを計算してみます。

まずはIN枚数を計算します。
8000(回転)×3(1回転あたりの枚数)=24000枚

次にOUT枚数を計算します。
24000(IN枚数)×0.98=23520

差枚数を求めます。
24000-23520=480(枚)

480枚は金額にすると20円を掛けて9600円。

ということで、機械割98%の台を1日中回した場合は9600円負けるということになります。

上記の計算はあくまで理論上の数字です。
同じ機械割でも、引きが良ければ大勝ちするし、悪ければ機械割以上の負けもありえます。

これがパチスロの面白いところでもありますね!

【おまけ】1時間あたりに回せる最大回転数


冒頭で

高設定をツモったら休憩など取ってる時間はありません。
1回転でも多く回す努力が必要です。

とお伝えしましたが、1時間あたりに回せる最大回転数は何回転なのでしょうか?

その答えは・・・

1時間で約878回転

となっているようです。

というのも1回転(レバオン→リール始動→リール停止)させるために必要な時間は4.1秒ですので、
これを1時間に換算すると、60秒×60÷4.1で878.04回転となります。

機種によってはリールがロックする演出やボーナス入賞時にリールがフリーズする台もありますので、1時間に878回転回すためにはAタイプの台をノーボーナスで(泣きながら)回さない限り現実的ではないでしょう。

1回転でも多く回すためにできること

高設定をツモった場合、1時間あたり878回転を目標に素早く回すことで、時給がアップします。

素早く回すためにできることは

・目押しに時間をかけない
・休憩は取らない
・メダル自動補給のホールを選ぶ

が重要です。

目押しにはついては、目押しが必要でない役(リゼロのチェリー)や目押しをしてもしなくても結果に影響がないもの(バジリスク絆のバジリスクチャンス)はフリー打ちすれば、効率がよくなります。

さすがに閉店までの10時間ほどを休憩なしでぶん回すのは至難の技ですが休憩時間を少なめにとったり、飲み食いしながら打つことで、時間のロスを避ける必要があります。

新台の設定6の時給

2019年10月〜11月に導入される新台の時給は下記の通りです。

機種名 設定6機械割 時給
北斗の拳 天昇 114% 6300円
サラリーマン金太郎MAX(サラ金) 112% 5400円
闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機 114.9% 6705円

まとめ

以上がパチスロにおける機械割ごとの時給とその計算方法、少しでも効率的に回す方法の解説でした!

現在の最低賃金は全国平均874円ですが、パチスロで稼ごうと思っているのであれば時給は最低でも1800円以上の台を目指さないと安定性に欠けると私は思います!

時給1800円の機械割は105%です。
設定狙いでもハイエナでもこのラインを目指しましょう!

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

参考になったと思ったら、是非ポチってくださいな!

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

まっつん

2009年から本格的にパチスロを始め、夫婦でハイエナ中心の稼働で1500万オーバーを達成しました。このサイトでは初心者〜中級者に「パチスロで勝てる立ち回り」をお伝えします。6号機中心の時間効率を重視した立ち回りなので他のサイトとは一味違う立ち回りを紹介します!まっつんのプロフィールはこちら >>

コメントを残す